展示会のブースデザインに悩んだら専門業者に相談しましょう

展示会のブースデザインを決める前に

スーツを着たビジネスマン

知名度アップや新規顧客開拓のために、多くの企業やお店がさまざまな努力や工夫をされていることでしょう。これまでとは違う場所で多くの人に企業や商品のアピールをするのなら、展示会を活用するのがおすすめです。展示会では、パネルやモニターなどを使用して企業や商品の魅力を分かりやすく伝えることができます。展示会にはさまざまな層の参加者がいますが、自分たちのブースに興味を持ってもらい、たくさんの人に訪れてもらうためにはブースデザインが大切です。これまで展示会に参加したことが無い場合や、立ち上げて間もない企業などの場合は、どのようなブースデザインにすれば良いか戸惑ってしまうかもしれません。そのような時は、まずは専門のコンサルティング業者に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。どのような層にアピールしたいのか、最初にターゲット設定をしておくと、ブースデザインを決める上で大いに参考になります。また、専門業者に相談をする際に、ターゲットや目標をしっかりと伝えておくとコンサルティングもスムーズに進むことでしょう。展示会の事前準備に悩んでいるなら、まずは専門のコンサルティング業者に助けを求めてみてください。

企業関係者の間で大人気の展示会用のブースデザインとは

機械や部品などを製造している企業が販路を拡大するためには、展示会のような企業向けの大規模イベントを積極的に活用する必要があります。また商品の紹介に加えて商談まで行うためには、ブースデザインにもこだわるべきです。インパクトのある外観のブースデザインも人気がありますが、自社製品を紹介しやすい機能的なデザインも好評です。また展示会のコンセプトに合わせてデザインを考えることが、イベントへの出展をビジネスに結び付ける最善の方法です。部品を製造する企業はコスト意識を強く持っており、ブースデザインを発注する場合にも価格を重視しています。そのために製作費用が30万円程度であり、小型トラックで輸送可能な機能的なプランが大人気です。また慎重にプランを決めたいと考えている企業の担当者は、これまでの展示会用ブースの成功事例を参考にすることがよくあります。照明設備にもこだわったブースの制作プランは、初めてイベントに参加する中小企業にも最適です。また販売したい商品をパネルで紹介すると、来場者の接客と商談も円滑に進めることができます。そして提案力に優れていてサポートも充実した業者を活用すると、大規模な展示会への出展を成功させることができます。

展示会のブースデザインは来客者が見たい項目に絞った方が良い

展示会で訪れた人に上手にアピールするためには、来客者が見たいものを全面に押し出すようにブースデザインを作るべきでしょう。新商品やサービスなどを発表する場にするのであれば、あえてそれらに絞り込むのも得策です。来場した人は多くの中からどこのブースをじっくり見ようか考えますが、特定の項目に絞ったブースデザインならわかりやすいので、注目してもらいやすくなります。有名な企業であれば企業名でアピール可能ですが、そうでない場合はあれもこれもと手を広げるのではなく、勝負できる項目に絞ることは賢い選択です。
展示会のデザインや設営を依頼するのであれば、専門業者に任せるのも良いです。上記のような狙いを定めていたとしても、具体的にどのようにデザインするのかという段階で困ることは少なくありません。専門業者は数多くの会社から依頼を受けていて、対応したことのある業種であればブースデザインは可能なので、こういう感じでという抽象的な希望を伝えるだけでも、それを具体化してくれます。また、設営も一手に引き受けてくれるタイプであれば、別々に展示会のために業者に依頼しなくても良いですし、それがコスト削減につながって安く抑えられるといったメリットも享受できます。

たとえば【株式会社ニチナン】なら、企画・設計・施工まですべてを任せることができるので、効率よく手配を進めたい人に特におすすめです。遠方からの視認性や照明にまでこだわって展示会ブースデザインを作り上げてくれるので、是非検討してみてはいかがでしょうか。